不倫関係の主導権は

恋愛や男女の関係には主導権が必要です。

不倫関係の場合の主導権はどちらが握るのでしょうか。

不倫での主導権は女性側に

どのように男性から誘惑されたとしても不倫を始めるのも終わるのも女性が決めましょう。

不倫をする場合は普通の恋愛に比べると様々な決めるべきことがあります。

なぜ決め事が多いのか、それは不倫が人の道から外れていて知られてはいけないことだからです。

そのために相手が既婚者だった場合にはあなたよりも、優先するべきこと、守るべきことを抱えていますので、それゆえにルールも増えるのです。

イベントごとについて

休日、そして世間のイベントごとの時は会うことができないでしょう。

これは不倫の掟とも言われていることで当たり前のことです。人目につかないところでこっそりあったとしても、朝までは一緒に入れないでしょう。

そして相手に何かあった場合でも、お見舞いにも行けないですし看病もしてあげられません。旅行に出かけたくても、旅行などかなり難易度が高いことです。

声が聞きたいと思ったとしてもタイミングを見計らう必要があります。

制約がいっぱい

このように不倫は思い通りになりませんし、制約がたくさんあります。ですから、せめて不倫を始める時と終わる時くらいは、自分で決定したほうがいいでしょう。

始まりと終わりくらいは自分で決める、それが不倫をする女性の唯一の自己主張とも言えるのです。

そのためにはあまり不倫相手に依存しすぎないことが大事です。依存しすぎてしまうと人生全てが不倫一色になってしまいます。

精神的にも自立をしていることが、不倫に依存しないことにもつながります。不倫に依存しすぎていると人生が相手のことだけしか見えません。

そしてやめるにやめられなくなります。

オススメサイト

妻に浮気されました
妻に浮気された男の体験談が書かれているサイトです。結構deepな記事が多く、人妻の心理や行動を理解するいい教科書になってくれると思います。